幼児教育はいつから受けさせるべき?

子供の目線で始める幼児教育。楽しんでやることは、長続きする。

早まるスタート

お子さんを持つ親御さんなら、誰でもお子さんの将来の幸せを願ってます。
幼児のうちからお子さんの能力を見出したい、そしてその才能を伸ばしてやりたい。何よりも、お子さんの健全な人間らしさを育み、生きる力を良い方向に向かわせたい。親御さんなら誰でも、お子さんに対してこう願っています。
ましてや、昨今の若いアスリート達・神童達が活躍するニュースを目にすると、自分の子供にも是非あんなふうに、と夢見るのは親心ではないでしょうか?
また国際的な競争が激しさを増す中、競争に負けない力を幼児のうちから身につけさせたい、と願うのも頷けます。
しかしその願いとは裏腹に、逆に幼児教育のスタート時期と内容が、子供にとって悪い影響を与えてたとしたら、後々大変やっかいなことになります。
お子さんが、いやいや、やっていないか?
関心のないことを、パパ・ママになんとなくやらされてないか?
逆に、お子さんが目を光らせて嬉しそうやっていることって、何でしょうか?お子さんが何度でも飽きずにやり続けいることって、何でしょうか?
人間は本性として知りたいという欲望、真似したいという欲求を持っています。それがお子さんの楽しんでやっていることならば、これが教育のきっかけになるのではないでしょうか?
幼児教育に限らず、自分自身にとって楽しんでやれること、それによって勉強のきっかけが見つけられたら、それに勝る喜びはないでしょうか?
幼児教育のヒント、特にいつから受けさせるかのヒントは、子供が喜んでやり続けられるかにあるのではないでしょうか?

楽しんでやる勉強は良い方向に向かう

幼児教育の関心が高まるにつれて、そのスタートの時期が早まる傾向にあります。 0歳児向けの早期教育サービスへの関心の高さも、それを裏付けています。 早いうちから子供も成長や発達に良い効果のある教育を受けさせたい、多くの親御さんは、これまで以上に幼児教育に期待を寄せています。

学んだ結果をみんなで共有しよう

誰でも褒められることは嬉しいことです。 また成果を見てもらうことを目標に、お子さんも頑張ろうという意欲が沸きます。 単に学びっぱなしではなく、成果としてみてもらう。特に親しい親御さんや祖父母などに褒めてもらうことは、お子さんにはとても良い思い出になります。 何よりも、家族共通のよい話題にもなりますしね。

続けられることが大事

幼児に集中力を求めることは、とても難しいことです。 その一方で、自分に興味のあることは、いつまでも何度でも続けられます。 お子さんが楽しく無理なく続けられそうな勉強や習い事を、うまく見つけ出せたら? それが見つけられたときが、お子さんにとっての始めどきにもなります。