子供の目線で始める幼児教育。楽しんでやることは、長続きする。

>

続けられることが大事

あせりは禁物、やめるタイミングも大切

よほどの例外でもない限り、目立った学習の成果はなかなか上がる物ではありません。お子さんに性急に成果を求めるのは、かえって酷なものになります。
しかも、お子さんにとって興味を持てない習い事は、かえって悪い影響を及ぼしてしまいます。
むしろ向いていないと解った時点で、やめるタイミングを決めてあげるのも、親子さんの大切な役目ではないでしょうか?
一般に言われている幼児教育は別に義務ではありません。また勉強は期限が限られている訳ではありません。
反対に、成果がなかなか出てこなくても、喜んで続けていることは、続けられるよう応援してあげることも必要ではないでしょうか?
よく習い事の先生方への遠慮や親御さんの期待のあまり、やめるタイミングを失ってしまうこともあります。しかしこれが、かえってお子さんにとって、悪い結果をもたらすことがあるのかもしれません。

幼児のうちは楽しんでやれることを

特に幼児のうちは、やはり楽しんでやれることを見つけてあげることが一番ではないでしょうか?
楽しんでやっていることが、結果として教育の効果にまで結びついていく。そして、将来の何らかの糧になってくれれば、親御さんにとってこれほどの喜びはありません。
親御さんだけの願いや満足だけで、教育の受ける時期や種類を決めることを、もう一度立ち止まって考えてもよいのではないでしょうか。
お子さんの笑顔を見ながら、成長を見守る。
教育を堅苦しく考えずに、お子さんが楽しそうに続けていることを見守り続ける。
親御さんの役割は、お子さんのモチベーションが維持できるよう、見守ることではないでしょうか?
くれぐれも親御さんだけの満足で、お子さんの幼児教育を受けさせることがあってはいけないと思います。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ